今年もインフルエンザの季節になりましたが、ここのところインフルエンザの予防接種を打たない方がいいのではないかという記事を多く見かけます。例えば、この記事。

  インフルエンザワクチンは打たないで!【常識はウソだらけ】

その根拠を主張する本(「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」)まで出版されているとなると、ちょっと読んでみたくなります。

予防接種をするかしないかは自分の責任で判断するしかないですね。従来の常識をわかりやすく説明しているページを見つけたので、こちらも紹介しておきますね。

 インフルエンザの予防注射は打つべきか? 効果はあるか?

私は保守的なせいか、従来の考え方でいいかなと思いました。冬の間に一度はインフルエンザに感染すると思っているので、その時に軽くなる方法があるならば受けておいた方がいいんじゃないか、という考えです。中年になると体力も弱ってきているので、インフルエンザがきっかけで体調を崩してしまうと仕事や家庭に支障をきたしますからね。

そういうわけで、今年もインフルエンザ予防接種を受けてきました。価格は2500円でした。(私の近所では2500円より安いお医者さんは発見できませんでした)今年のワクチンの詳細は国立感染症研究所の「2014/15シーズン インフルエンザワクチン株」のページに書いてあります。ワクチンの名前に地名が使われているんですね。