タイムラプス」という言葉を聞いて、すぐに何のことなのか分かりますか?
英語で書くと”Time lapse”です。最近よく見かける写真や動画を加工して作る早送りムービーのことです。

このタイムラプスは日本だけでなく世界的に流行しているようです。その理由はタイムラプス機能がスマホに標準搭載(iPhone)されていたり、スマホアプリが無料で配布されているからです。

「どうせ若い人がおもしろがって使う機能でしょ?」と中年のみなさんは思うかもしれませんが、この機能は意外に実用的だと思うんです。自分が撮影した映像を誰かに見てもらうときに、長い時間の映像だと気が引けますよね。このタイムラプス機能を使えば、長い撮影時間をお好みの時間に短縮して早送りしてくれますから、見せられた人も嫌がらずに見てくれると思うんです。

スマホがあれば試せるので、騙されたと思って体験してみてください。

iPhoneの場合はiOS8で標準搭載されているので、カメラから直接呼び出せます。映像の時間を細かく設定したい場合は”Hyperlapse from Instagram“という無料アプリを使うと望みの時間の映像が作れます。詳細は、ITmedia Mobileの特集記事(第60回 iOS 8の新機能、「タイムラプス」を撮ってみよう)を読んでください。

Androidの場合は標準搭載されていないので、下記のリンクを参考に自分の好みのアプリをインストールしてみてください。

 アンドロイドで使えるハイパーラプスの代わりとなるおすすめアプリ4選