江部康二先生は糖質制限の賢威として尊敬していたのですが、実はアレルギーにも精通していたとは知りませんでした。私も子供の頃からアレルギー体質でアトピー性皮膚炎も患っていました。最近になってやっと正しい知識が身につきましたが、正しい知識を手に入れるのが大変でした。アトピー性皮膚炎の正しい知識を知りたい人におすすめの本を紹介します。

 ドクター江部のアトピー学校〈1〉心と体編
 ドクター江部のアトピー学校〈2〉スキンケアと食生活編

この本は大分古いせいか、今は中古でしか手に入らないようです。でも図書館とかを探せばあると思います。(私も図書館で見つけました)

この本にも書いてありますが、アトピー性皮膚炎はとても厄介な病気です。治療の方針を見誤るとなかなか治りません。私も経験者なので、よくわかります。ただ、正しい方法で根気強く続けていくと、症状は軽くなってきます。問題はその正しい知識を教えてくれる人がなかなか周りにいない、ということです。

私を含め現在の中年世代が子供だった頃は、アトピー性皮膚炎の治療方法が確立されていませんでした。ここ十年ぐらいで急速に方法論が確立したと感じています。

私の場合は、色んな皮膚科を転々として最後に正しい方法論を知っていた皮膚科にたどり着いて事なきを得ましたが、それまで結構大変でした。この本には私が得た知識と同じ内容が書いてありました。説明もわかりやすく書かれているので、まだ正しい知識を持っていない人は是非読んで欲しいです。

こういう良書を見つけるのは大変なんですよね。この本はアトピー性皮膚炎の経験者である私も納得の内容だったので、安心しておすすめできます