家計のお金の管理は「紙の家計簿」が定番でしたが、毎日の支出を忘れずに記録するのは結構大変で三日坊主で終わってしまうことも多かったと思います。現在はクレジットカードと家計簿ソフトを組み合わせれば、手間いらずで家計の支出が管理できます。

家計簿ソフト

最近の家計簿ソフトは、インターネット経由で銀行の残高やクレジットカードの買い物履歴を自動で取得して、月々の支出を自動的に計算してくれます。銀行や証券会社の残高も計算してくれるので、資産の管理ツールとしても使えます。

マネーフォワード

何種類か家計簿ソフトを試しましたが、このマネーフォワードが一番、性能が良くて手間要らずです。自分の銀行口座とクレジットカードを登録しておくだけで、自動で支出を分類してくれます。分類が間違っている場合は、一度修正すれば、以後はそのルールで振り分けてくれます。私もいつも使っています。お薦めです。

 資産管理ツールのマネーフォワード



クレジットカード

クレジットカードは本当に様々な種類があるので、個人のライフスタイルに合わせて選んで下さい。世の中では還元率(ポイントのキャッシュバック)が高いことがクレジットカードの選ぶポイントとして挙げられることが多いですが、いくら還元率が良くても、使い勝手が悪いカードだと色々面倒です。ここでは最も無難でハズレの少ないクレジットカードを紹介します。

楽天カード



クレジットカードの好みもあるでしょうが、何はともあれ、この年会費無料の楽天カードは是非持っておいた方がいいカードだと思います。

楽天市場で楽天カードを使って買い物をするとポイントが2倍になります。プリペイドカードで有名な”Edy”も、最近は「楽天Edy」の名で楽天の資本に入ったので、楽天カードからEdyにチャージする場合にもポイントが付きます。

そして最近「Rポイント」という実店舗を中心としたサービスが始まり、コンビニのサンクスなど買い物をした場合にもポイントが貯まります。この仕組みを使えば、楽天市場で獲得したポイントも実店舗で使用できるので、1種類のポイントを多くの生活シーンで共有できます。

あらゆる点で万能なカードなので、一枚持っておいて損はないと思います。


イオンカードセレクト



イオン系の店舗が近所にあるのなら、イオンカードセレクトも選択肢に入れていいと思います。 イオンカードには、通常の「イオンカード(WAON一体型)」やSuica付きの「イオンカードSuica」など色々な種類があるのですが、イオンをよく利用するのであれば「イオンカードセレクト」が一番お得です。


イオンカードセレクトを使うと、イオンで買い物をする際にWAONのポイントが2倍貯まります。WAONの「オートチャージ設定をON」にしておいてイオンで買い物をすれば、WAONにチャージ(イオン銀行の口座からの引き落とし)するときに200円当たり1ポイント、WAONでの支払い時に更に1ポイント貯まります。他のイオンカードではWAONチャージ時の1ポイントが付加されないので、イオンカードセレクトならではの特典です。その他、イオン銀行との連携で、普通預金の金利が上がったり、公共料金の支払いでポイントが貯まったりするので、普段の生活がイオン中心なら、こちらの方がお得かもしれません。