senoku_kaikokan1

光陰礼讃 ―モネからはじまる住友洋画コレクション
2022/5/21~2022/7/31
泉屋懐古館
参考ページ:著名な印象派作品から洋画の知られざる逸品まで。泉屋博古館東京で「光陰礼讃 モネからはじまる住友洋画コレクション」を見る
https://bijutsutecho.com/magazine/news/report/25617

リニューアルした六本木にある泉屋懐古館(「せんおくかいこかん」と読む)に行ってきました。六本木は坂が多いので、ちょっと道順を間違えるとたどり着けなかったりするので、六本木一丁目駅からエスカレーターで行くのが楽ちんです。

小さいこじんまりしている美術館ですが、リニューアルしたこともあり、とてもきれいで洗練された印象を受けました。展示されている作品も素敵で、また行ってみたいと感じました。今回の展示会の図録はありませんでしたが、「モネからはじまる住友洋画物語」という1500円のお手軽な図録に代表的な作品が載っていたので、こちらを購入しました。作品の撮影はNGでしたが、ロビーにあった彫刻3つは撮影可能だったので、そのうちの1枚(北村四海「蔭」)をパチリ。

senoku_kaikokan2

以下、私が気になった作品です。

ピエール=オ-ギュスト・ルノワ-ル
静物(プラム) (1905年頃)
ヴィクトル・ヴィニョン
田舎の家 (1880年代前半頃)
クロ-ド・モネ
サン=シメオン農場の道 (1864年)
モンソ-公園 (1876年)
エルネスト=ジョセフ・ローラン
芍薬 (20世紀初頭)
ジャン=ポ-ル・ロ-ランス
マルソー将軍の遺体の前のオーストリアの参謀たち (1877年)
渡辺與平
ネルのきもの (1910年)
渡辺ふみ子
離れ行く心 (1913年)
岡田三郎助
五葉蔦 (1909年)
和田英作
こだま (1903年)
藤島武二
幸ある朝 (1908年)
山下新太郎
読書の後 (1908年)
岸田劉生
自画像 (1921年)
二人麗子図(童女飾髪図) (1922年)
パブロ・ピカソ
泉 (1921年)
ジョルジュ・ルオ-
曲馬団の娘たち (1924-25年)
熊岡美彦
ミモザ (1929年頃)
マルク・シャガ-ル
山羊のいる自画像 (1958年)
牧野虎雄
鳥箱 (1930年)
中川紀元
少女 (1936年)
岡 鹿之助
三色スミレ (1977年)
坂本繁二郎
箱 (1961年)
熊谷守一
野草 (1972年)
村四海
蔭 (1911年)
田村直一郎
朝陽荒川上流図 (1905年)