クレジットカードはないと困りますが、たくさんあっても邪魔です。でも、クレジットカードのお得な部分は有効に活用したいですよね。私はクレジットカードの数をかなり絞りました。

エポスカード

私はエポスカードが日常生活のメインカードです。

エポスカードの良いところは、ゴールドカードが無料で手に入れられる可能性が高いことです。
 ※年間を通してコンスタントに利用していると、ゴールドカードへの招待が届くようです
  ゴールドカードへ切り替わった後も、ゴールドカードの年会費は無料です。

年会費無料であれば、定年した後も安定してゴールドカードを持ち続けられますよね。

クレジットを使うとポイントも貯まるので、色々な特典に引き換えることができます。
引換先も豊富なので、引換先がなくて困ることはないと思います。

楽天カード



クレジットカードの好みもあるでしょうが、何はともあれ、この年会費無料の楽天カードは是非持っておいた方がいいカードだと思います。

楽天市場で楽天カードを使って買い物をするとポイントが2倍になります。プリペイドカードで有名な”Edy”も、最近は「楽天Edy」の名で楽天の資本に入ったので、楽天カードからEdyにチャージする場合にもポイントが付きます。

そして最近「Rポイント」という実店舗を中心としたサービスが始まり、コンビニのサンクスなど買い物をした場合にもポイントが貯まります。この仕組みを使えば、楽天市場で獲得したポイントも実店舗で使用できるので、1種類のポイントを多くの生活シーンで共有できます。

あらゆる点で万能なカードなので、一枚持っておいて損はないと思います。

「ビュー・スイカ」カード

交通機関系のメインカードは「ビュー・スイカ」カードにしています。

「ビュー・スイカ」カードは年間477円で有料ですが、定期券機能が使えるのが強みです。

  ※定期券機能が不要なのであれば、ビックカメラSuicaカードでいいと思います。

自分が利用している交通機関の定期券の縛りでPASMOを使っている方も多いでしょうが、PASMOを持っていてもあまりお得感がありません。

私はPASMOの交通機関を使っていますが、定期券は昔ながらの磁気定期券にして戻してしまっています。Suica系のカードでオートチャージを設定すると、ポイントが貯まっていくのでPASMOよりお得だと思います。

イオンカードセレクト



イオン系の店舗が近所にあるのなら、イオンカードセレクトも選択肢に入れていいと思います。 イオンカードには、通常の「イオンカード(WAON一体型)」やSuica付きの「イオンカードSuica」など色々な種類があるのですが、イオンをよく利用するのであれば「イオンカードセレクト」が一番お得です。


イオンカードセレクトを使うと、イオンで買い物をする際にWAONのポイントが2倍貯まります。WAONの「オートチャージ設定をON」にしておいてイオンで買い物をすれば、WAONにチャージ(イオン銀行の口座からの引き落とし)するときに200円当たり1ポイント、WAONでの支払い時に更に1ポイント貯まります。他のイオンカードではWAONチャージ時の1ポイントが付加されないので、イオンカードセレクトならではの特典です。

その他、イオン銀行との連携で、普通預金の金利が上がったり、公共料金の支払いでポイントが貯まったりするので、普段の生活がイオン中心なら、こちらの方がお得かもしれません。