astrology

勉強のための書籍に関する情報です。
好みもあると思うので、ご参考まで。やさしいものから専門的な順に並べています。

いちばんやさしい西洋占星術入門(ルネ・ヴァン・ダール研究所)

ビジュアルが多めで、初めて西洋占星術を学ぶのに適した本です。
説明がわかりやすいのはもちろん、西洋占星術の考え方もちゃんと説明されています。常識的な内容を知りたいのであればこの本だけで十分です。ホロスコープを簡易的に表示するCDROMも付属していて、かなりお得です。

占星学(ルル・ラヴア)

20年ぐらい前の本ですが、西洋占星術を勉強する人は一度は出会う本です。
古い本なので用語がやや古めかしく感じますが、文章自体はそんなに難しくないです。専門用語が多めなので、少し慣れてからでないと読み進めるのは難しいかもしれませんが、西洋占星術の全体像を把握するのに良い本です。

鏡リュウジの占星術の教科書(鏡リュウジ)

「教科書」というタイトルに惹かれて購入しましたが、実は「心理占星術」と呼ばれている西洋占星術の応用分野の入り口の本のようです。(実のところ、私もまだ正確に把握していません)
内容はとてもわかりやすく、まさしく教科書と読んで良い内容ですが、古典的な占星術より進んだ内容なのかもしれません。

石井ゆかりの星占い教室のノート(石井ゆかり)

本のタイトルは教科書とはなっているものの、教科書という感じはなく、興味のある見出しを気ままに読む感じの本です。イラストはなく文章だけですが、文体がかなり柔らかいのでさらっと読めます。小説を読むように勉強したい人には良いかもしれません。

ぐるぐる占星天文暦(ルネ・ヴァンダール研究所)

2018年から2030年までの星の月単位の動きを図で確認できる優れものの本です。
「あの惑星は今月どの星座からどの星座まで動くのかな」という疑問を調べたい時に簡単に確認できます。
占星術の勉強の合間にただ見ているだけでも楽しいです。



元のページに戻る